プロからの推薦状

「解剖生理学の知識と客観的検査法に裏打ちされた科学的な施術」

「解剖生理学の知識と客観的検査法に裏打ちされた科学的な施術」

野口基礎医療クリニック 院長 / Noguchi's Brave Method 講師
医師 野口 勇人(のぐち はやと)

鍼灸カイロプラクティックふぁんふぁん文京白山院の院長、黄鎔秀(ファンヨンス)先生による施術を一言で表現させていただくとしたら、この言葉に尽きるだろう。


なぜなら、黄先生は身体の各部位の形態や構造に関する学問である解剖学、および生体のはたらきと仕組みを解明する学問である生理学を熟知しているだけでなく、症状の原因をできる限り客観的な検査方法を用いて検索したうえで、施術を行っているからである。


原因を検索してから施術を行うというのは一見、ごく当たり前のことのように思える。
確かに、私たち医師も通常、患者を診察してから治療方針を決定し、それから実際の治療を行っている。
ところが、「とにかく直ぐに症状を取り除いてほしい」という患者のニーズの影響もあってか、
症状に対する十分な原因検索が行われないまま場当たり的な治療が行われ、結局のところ症状が再燃してしまう…といった話を耳にすることがある。

そのような事実は残念ながら、医療の世界、治療院の世界ともに起きてしまっている。
しかも、その術は黄先生の主観に基づくものではなく、再現性のある客観的な検査法によって導き出されるものであることに感銘を受ける。
なぜなら、再現性のある方法による因果関係の証明は、まさに科学的な手法そのものであり、医療の世界で行われている検査と同様の手法だからである。


科学的、つまり客観的な検査法によって導き出された結論は、その検査を施行した者の私見ではなく、
検体に相当する患者自身から導き出された結論であるため、患者はその結論を覆すことができない。


しかも、黄先生の芸術的なセンスにより、その結論をわかりやすい形で“見える化”したものを見せられた患者は、それ(症状の根本原因)を受け入れざるを得ないだろう。
現に私、野口が黄先生による検査を受けた結果、姿勢不良により首を行き来する神経の通り道が狭くなってしまい、痛みや痺れの症状が出るという因果関係が明確に“見える化”された。

その“見える化”された科学的な結論に基づき施術が行われたため、症状が的確に軽減しただけでなく、施術後に「どのようなセルフ・ケアを行ったら再発予防に繋がるか?」の助言に一寸のブレもなかったのは言うまでもない。


最後に、どうしても付記しておきたい事実がある。
それは、黄先生の技術は再現性のある科学的な手法の集大成である分、修練されすれば、黄先生と同様の技術を会得することができるという事実である。
そのことを証明するかのように、その技術を会得した治療家が私、野口の知りうる限りでも既に数名いる。
黄先生の技術を世に広げる翼となり、根本治療ができる人と環境づくりに日々尽力されている先生方に、心から感謝の意を表したい。

投稿日:2018年3月31日 更新日:

Copyright© 【文京区白山の整体】医師と提携する鍼灸カイロプラクティックふぁんふぁん , 2019 All Rights Reserved.