スタッフ紹介

当院に在籍する施術者をご紹介します

◆院長 黄鎔秀(ファンヨンス)

◆鍼灸師 葛西壮太郎(かさいそうたろう)

院長 黄鎔秀(ファンヨンス)

院長 黄鎔秀(ファンヨンス)

1977年埼玉県生まれ。

スポーツによるケガや内臓疾患に苦しめられた経験から治療家を志す。
鍼灸師免許(国家資格)取得後、2010年に鍼灸カイロプラクティックふぁんふぁんを開院。

鍼灸とカイロプラクティックを組み合わせた治療法が圧倒的な支持を集め、治療院業界最大手のクチコミサイトでも評判の治療院に。

延べ2万人以上の施術実績を積み、2018年には文京区白山に分院を開院。

現在は治療から予防・健康増進まで『免疫予防医学』を掲げ日々尽力する傍ら、講師活動や後進の育成にも力を注いでいる。

鍼灸カイロプラクティックふぁんふぁん文京白山院院長。
株式会社プロモッソラ代表取締役。

名前黄鎔秀(ファンヨンス)
出身地埼玉県志木市
居住地東京都北区
生年月日1977年9月29日
家族構成妻、娘3人
資格鍼灸師(国家資格)、カイロプラクター
専門分野椎間板ヘルニア、めまい、花粉症などアレルギー疾患
経歴●早稲田医療専門学校 東洋医療鍼灸学科 卒業
●ロサンゼルスカイロプラクティック大学(LACC)
 臨床解剖研修コース修了
好きなスポーツたまに友人とゴルフやフットサルをして楽しんでいます。
サッカー、ラグビー、大相撲が好きでよく観戦します。

スポーツならなんでも観るので、カーリングのルールも観ながら覚えました。

好きな言葉「人生は一度だけ」「正直者は馬鹿を見ない」
趣味子供と銭湯に行く
治療家としての想い私の治療家としての想いは、「私が開院した理由」ページに書いてみました。
お読みいただけると嬉しいです。

鍼灸師 葛西壮太郎(かさいそうたろう)

1981年生まれ。

病院で良くならなかった人が、鍼で不調を改善した話に興味を持ち、病気になる手前の未病から体を改善する東洋医学の考え方や、人の手でアプローチする魅力を感じ、自分の体や、家族のケアをしたいと思い鍼灸師を志す。

鍼灸専門学校を卒業後、鍼灸院、整体院などに15年勤務。

症状が改善してよくなっても、痛みをぶり返す患者さんがどうしたらよくなるか模索する中で、治療以外にもセルフケアや運動療法まで幅広く習得する。

自分の体を通して、経験してきたものを活かし、患者さんのサポートに全力を注いでいる。

日本治療協会 会員。

名前葛西壮太郎(かさいそうたろう)
出身地青森県弘前市
居住地埼玉県さいたま市
生年月日1981年10月4日
血液型O型
家族構成
資格鍼灸師(国家資格)
専門分野腰痛、肩こり
経歴中央医療学園専門学校 卒業
好きな映画ヴァイオレットエバーガーデン
趣味ダンス動画、アニメ鑑賞
みなさまへ痛みを気にせず、やりたいことに思う存分、力を注げるようにサポートしてまいります。

投稿日:2018年3月31日 更新日:

Copyright© 【文京区白山・本駒込の整体】医師も通う鍼灸カイロプラクティックふぁんふぁん , 2021 All Rights Reserved.